ドット残る

エロゲとかアニメ、格ゲー。おのれのためのブログ。

感想エロゲー

腐り姫〜euthanasia〜をプレイしました。

ライアーソフト星空めてお氏が関わってるだいぶ前の作品(2002年)。

伝記ものに色々詰め込みつつ蔵女ちゃんがかわいいといった感じの内容なので詳しくはウィキペディアのストーリー概要、参照していきましょう(丸投げ)。蔵女ちゃん、うちにも欲しい。一家に一台蔵女ちゃん時代。

田舎、記憶喪失→過去を探る、物々しい背景を匂わせつつ謎めいた世界観というだけでもたぶん序盤から好み属性はてんこ盛りだったように思います。実際めちゃめちゃ面白かったし好みでした。蔵女ちゃんかわE~~~~。

本編終了後おまけがあると知り、その出現条件も時代を感じるCGフルコンプだったわけなので苦しむ前に攻略見てさっさと終わらせました。

出てきたタイトルは「狐の嫁入り」。本編終了後まもなくて興奮していたときに触れたのもあり、めっちゃそれっぽいタイトルに純真な僕はいったいこのおまけにどんな世界が内包されているんだろうとワクワクしながらアイコンクリックしたところーーーーーー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:nokorutoomowanu:20200303054717p:plain

メロスは激怒した。